1941cd140476a8b6c4610577726ab70f
*実月*の日記

いいお店に挑戦。

2018/09/05 21:27 昼ごはん 晩ごはん 作りおき 子ども 旅行・お出かけ くらし 家族

いいお店♪(失敗)

家族でちょっといい焼肉店でばんごはん。

見て!!この霜降り!!すばらしいお肉。

おいしいご飯のはずだったんですが…息子はソファの上に立ったり、騒いだりで大変でした。

彼の負の面が出たな…

子どもだから仕方ないものの、子連れ可のお店でよかった…そして1時間で早々にお店を出ました。

ほかのお客さん、この後良い時間を過ごせていますように。ごめんなさい…

こんどこそ!

そんな息子を連れて、上野のいい感じの和食屋さんのランチへ。

上京していた両親の希望です。

そのときの息子のいい子っぷりといったら感激もの。

2歳児とは思えないお行儀のよさで、お店の人から大人デザートの麩饅頭をサービスしていただきました。

両親が食べさせてくれて、私も主人もゆっくりおいしいランチがいただけたのでした。

おみやげ

自分で買ったことがなかったモロゾフのプリン。

たまたまプリンをお土産にいただいて、食べてみてびっくり。

なかなかおいしいし、ボリュームもありました。

プリン=自分で作る派の私が何よりうれしかったのは、器が立派なこと。

耐熱ではないとは書いてあるけど、プリンくらいなら作れる器であることは間違いない。

分厚いガラスだから熱の入りも穏やかで、滑らかなプリンができそうな気がする!

こんなにいいグラスなのに、カスタードプリンは216円税込みと超破格。

器欲しさにプリンを買うこともありそうです。

そして、器も味もいい!という発見ができたことが幸せ♡

主人が買うお土産。それは、豆。

8月に主人は北海道に出張がありました。

「お土産何がいい?」と聞くので、

ロイズも六花亭もおいしいけれど、北海道の定番土産って割とどこででも買えるしなぁと思って、

「う~ん、現地のものがいい」と答えました。

主人は北海道産のジャガイモが気になっていたようですが、重いので断念してました。(賢明)

そんな主人が、たまたま北海道庁付近を歩いていると、

期間限定で豆の販売があったらしく、「これだ!」と思った主人はお土産として買ってきてくれました。

うずら豆とくり豆です(あ、写真撮るの忘れた)

うずら豆はたまに見ますが、くり豆はとても珍しいようで、北海道内でほんの少ししか流通してないそう。

くり豆が珍しい、と知った主人はほかの豆よりちょっと高価なくり豆を即決したそうです。

スーツ着た30代ビジネスマンが、豆屋さんと会話しながら購入する様子を想像して笑えましたが、豆大好きなので、大喜び♪

どちらも200gちょっとだったので、シンプルに甘煮にしました。(レシピなし、いつもの目分量。)

うずら豆は水煮にするまでに60分煮ました。

うずらのたまごのような模様なのに、煮ると模様がない!!

これじゃあ金時豆と見た目変わらない…しかも金時豆よりかための豆で、もっちりなめらかな食感の金時豆のほうがおいしく感じます。

うずら豆の価値ってなんだ!?

でも、豆の甘煮は大好きなので、おいしくいただきました(笑)

くり豆は水煮にするまでに70分煮ました。そしてその後甘煮に。

水煮の段階で、試食。栗??言われてみればそうかもしれない…という程度の栗感でしたが。

とてもおいしく食べられました♪甘い豆最高です!!

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください